お問合せ
脱サラ編
少し前までサラリーマンだった私が、今では美味しいパンが焼けるオーナーです。

脱サラしてパン屋を開業しました。

パン作りは未経験でしたが、5日間の研修でお客様にお出しできるレベルのパンが焼けるようになりました。
家族、親戚、そして私自身が不安でした。

長年サラリーマンをしてきましたが、40歳を過ぎてここらで何か挑戦してみるべきではないかと思いっているときに、このリエゾンプロジェクトを知り、何度か打ち合わせを重ねるうちに“これに人生を賭けても良いのではないか?”と思い全く未経験のパン業界に兄弟二人で足を踏み入れる決意をしました。

 

当初、兄弟で開業を決意したものの、妻や子供をはじめ親戚がみな不安を口にしていましたし私自身も不安はありました。そしてその不安をかき消すにはこのプロジェクトでの成功を信じて取り組んでいくことだと自分に言い聞かせて進めてきました。どんなことをはじめても最初は不安だと思いますが、パン造りについて、経営についての不安なことは全てリエゾンプロジェクトで相談できたので随分楽になりました。

 

脱サラしてパン屋を開業、弟と一緒にパンを焼いています。

脱サラでパン屋開業事例写真|今では多くのパンを焼くことが出来るようになりました。

昔の不安が懐かしくも感じています。

ただ、サラリーマンだった私が造ったこともないパンを、毎日同じ品質で美味しく作れるかどうかがかなり不安でした。そんな不安を払拭してくれたのが、河上社長をはじめ、リエゾンプロジェクトのスタッフのみなさんでした。積極的に私たちに関ってくれたことで気持ちが楽になりました。

リエゾンプロジェクトでの開業を決意したきっかけは、小さなことでも厳しく決められたフランチャイズとは違い、店舗のつくりや内装など、オーナーの自由度が高くリエゾンプロジェクトと二人三脚で進んでいけるところが私に合っていたということです。

 

お店はわずか3坪程度のスペースですが、店内いっぱいにパンを並べています。周辺が住宅街で首都圏ならではの人口密度の高い場所という好立地もあり、中高年の女性をターゲットに連日多くのお客様にご来店いただいています。

 

今では当初の不安が懐かしくも感じますが、これからパン屋さんを開業したいと思っている方は以前の私と同じような気持ちなのだと思います。リエゾンプロジェクトを運営するおかやま工房さんのパンは品質が高い一方で、値ごろ感のあり、お客様のニーズを捉えている商品だと思いますし、安心して開業することができ、感謝しています。

脱サラでパン屋開業事例|自慢のクロワッサンと店舗写真です。

ベーカリー業界の「異端児」河上祐隆の、
独立開業支援パッケージ、業界の常識を
覆すノウハウを盛り込んだリエゾンプロジェクト。
詳しいお話を直接聞きたいという方は、
下記ボタンをクリックして、
お問い合わせフォームからご連絡ください。

パン屋開業ならリエゾンプロジェクト
Liaison Project 【岡山ヘッドオフィス】
【東京オフィス】
〒700-0023 岡山県岡山市北区駅前町2-5-22 1F
〒141-0022 東京都品川区東五反田2-9-5 6F