お問合せ
リエゾンプロジェクトとは フランチャイズではありません、「独立支援」です。
リエゾンプロジェクト事務局代表 河上 祐隆

リエゾンプロジェクト事務局代表
河上 祐隆

リエゾンプロジェクトは、代表「河上祐隆(かわかみつねたか)」のパン職人としての長年の経験を元に、プロとしての視点から、あなたの独立開業のお手伝いをさせていただきます。技術や知識を教えることに特化したスクールとは違います。また、フランチャイズではありませんので、どのような規模にするのか、どのような方をターゲットにするのか、店舗デザインやPOPに至るまで、店舗のイメージはオーナーであるあなたの意思を尊重します。今、あなたの頭に思い描いている夢の店舗を実際にオープンさせ、経営していくまでを支援するのがリエゾンプロジェクトです。店舗の主人公であるあなたが納得のいくお店になるよう、しっかりと話し合いながら、技術指導に始まり、経営ノウハウにいたるまで、トータルでサポートしていきます。

リエゾンプロジェクトの大きなメリット

技術を体で覚えるには一定期間以上の経験と熟練性が求められます。体力と精神力が必要なことが多いため、長く続けることが難しい上、職人の腕にお店の経営がゆだねられているので、職人雇用のリスクが高くなります。

一つ一つの工程を感覚的な職人技ではなく理論(理屈)とマニュアルで覚えるので、未経験でも5日間の研修を受ければ無添加生地の製パン法をマスターすることができます。

prj_merit2

リエゾンプロジェクトでは、無添加生地、国産小麦100%にこだわります。それは、「モノづくりに携わる人間として、お客様に常に安全でおいしいものを届ける責任があるのではないか」という河上のお客様への思いが込められているからです。

大きな差別化につながる無添加パン

河上が無添加パンを研究し始めた当時、無添加ではパンが大きく膨らまず、おいしくないと信じられていましたし、現在もそう思っているパン職人は少なくありません。パンづくりには、通常イーストフードや乳化剤などの合成添加物がつきものですが、余計なものを入れない方が、安全でパン本来のおいしさを引き出すことができます。食品の安全性が問われている今、原材料へのこだわりは、他店との大きな差別化になる上、お客様への信頼にも繋がります。

安心・安全にこだわり、まだ完成しきっていない段階で無添加に切り替えたことで、「すぐ固くなる」「パサパサしている」などのお叱りを受けた当時は、おかやま工房が倒産寸前の危機に陥ったこともありましたが、研究をはじめて2年をかけて現在の無添加のパンづくりの仕組みを確立することができました。

メリット2

機械設備が大きく、大量生産が可能な反面、採算を合わせにくく、せっかく開業しても経営困難になるパン屋が圧倒的に多いのが現状です。

特注で製作したコンパクトな機械設備と実績のある厳選されたアイテムセレクトで利益を出しやすく安定した商売が可能です。

パン屋 開業までの流れ開業までのお金のはなし
パン屋開業ならリエゾンプロジェクト
Liaison Project 【岡山ヘッドオフィス】
【東京オフィス】
〒700-0023 岡山県岡山市北区駅前町2-5-22 1F
〒141-0022 東京都品川区東五反田2-9-5 6F